インプラント
implant

インプラントとは

歯科インプラントとは歯根の代用となる人工歯根のことです。
虫歯や歯周病、あるいは事故などで失われた歯の機能と審美性を修復するために
顎の骨にチタン製のインプラントを植え込み その上に人工の歯を固定する治療方法です。

従来の治療方法にかわってインプラント治療を行うと

従来の治療の場合インプラント治療の場合
歯が1本抜けた場合周りの健康な歯を削ってブリッジにします。
支える歯に負担がかかります
健康な歯を全く削ることなく歯のない部分にインプラントをいれます。
歯が数本抜けたとき針金付の部分入れ歯入れなければならなく違和感もよ強く見た目にもよくありません。歯のない部分に適切な数のインプラントを入れて固定式の人工歯を取り付けます。

インプラント治療はこのように行います

Step1 診断と治療計画

レントゲンなどで十分な診断後 インプラント治療に関する説明をします。

Step2 インプラント埋め込み

局所麻酔をしてチタン製の小さなネジのような形状のインプラントを顎の骨の中に埋め込みます。麻酔をするので痛くありません。

Step3 インプラントと骨がくっつくのをまちます

インプラントと骨がしっかりくっつくまで約6~24週間待ちます。

Step4 人工歯の装着

インプラントの上に人工の歯を取りつけます。
金属の歯とセラミックの歯(白い歯)のどちらかが選べます。
野尻歯科で使用しているインプラントはITIインプラントというチタン製のインプラント又は、スプラインHAインプラントを使用しています。

当院では診断に歯科用CTを使用いたします

歯科用CTにより骨の質や高さや厚み、形体を正確に立体的に確認することができます。
これにより、顎の構造を事前に把握できるためより安全な治療が可能です。

歯科用CTとは

歯科用CTとは、口腔内の断層写真を撮影する機械です。
3次元の立体画像を撮影することにより、口腔内の状況を正確に把握することができ、精密な検査をおこないます。

Veraviewepocsの特徴

  • 撮影時間は約9.4秒
  • 被ばく線量は一般CTの1/5以下