予防歯科
prevention

予防歯科の重要性

代表的な口腔内のトラブルである虫歯や歯周病を防ぐには、予防歯科で定期的な検診を受け、虫歯・歯周病の原因を取り除くことが重要です。自覚症状が出てから歯科医院へ来院する方が多いのが現状ですが、当院の一番の役割は「歯の治療をするところ」ではなく「予防のために通うところ」です。
生涯をご自分の歯で生活していくためには、予防歯科で口腔内の健康を管理することが大切なのです。

ブラッシング指導

歯科衛生士により患者さんそれぞれにあった歯ブラシの方法を説明します。
又、必要に応じて、歯間ブラシやデンタルフロス等の使用方法も説明しています。

スケーリング

ブラッシングだけでは取れなくなった汚れ(歯石)を歯科衛生士が何回かに分けて取ります。

フッソ塗布

おもに小児の患者さんに対して虫歯の進行予防の為に、 ゼリー状のフッソを歯の表面に塗布します。料金は1回2,000円+消費税です。
これを、年に2~3回行う事で虫歯になりにくい歯を作る事が出来ます。

PMTC

永久歯が生え揃った中学生頃から成人に対する虫歯予防及び歯周病進行防止のための治療です。歯科衛生士による、フッソ入りのペーストを使い歯の表面や歯と歯の間を柔らかいラバーチップや小さなブラシを歯に当て回転させる事により、汚れを取り除く方法です。
PMTCを行う事によって歯の表面がツルツルになりフッソの効果で汚れもつきにくくなります。又、虫歯や歯周病を予防効果だけでなく、見た目もきれいになり、口臭予防もできます。

メインテナンス

当医院では、虫歯や歯周病の治療が終わった患者さんに、メインテナンスをお勧めしています。
メインテナンスは2~4ヶ月ごとに1回来院していただいて、歯や歯ぐきのチェックを行い、スケーリング、ブラッシングの確認、PMTCなどを行います。